安全安心は、いつも使うものだからこそ

デバイステーブル

デバイステーブルは、血管内治療/検査を行う際に、患者下肢上部へ設置する支持台です。
カテーテルを始め、IVUS等のMDU、生食トレイ、その他手技に必要な物品を効率的に配置して、治療/検査をサポートいたします。
先端可動式フラップ天板は、フェモラールからの穿刺の際に、緩やかな傾斜勾配をつけカテーテル導入の円滑化を図る形状となっています。
既製品として循環器向け700mm長のテーブルのほか、脳神経外科向け1200mm長のテーブルがあります。
また本製品は仕様変更が可能な製品で、これまで最もカスタマイズ要望のあった製品となります。
手技者の使い勝手に合わせて、形状や材質サイズ等を変更した特別仕様品のご提案が可能です。

サイズ 【700】
全長1620㎜(収納時1200㎜)×幅480㎜(480~540㎜)×高さ240㎜(240~320㎜)

【1200】
全長1120㎜(収納時700㎜)×幅480㎜(480~540㎜)×高さ240㎜(240~320㎜)
材質 アルミ
備考 重量10㎏